2010年03月08日

インフルでの入院、6週連続で減少(医療介護CBニュース)

 インフルエンザで新たに入院した患者数が、2月17-23日の週は105人で、前週から12.5%減ったことが3月3日、厚生労働省のまとめで分かった。入院患者数の減少はこれで6週連続。

 2月24日-3月2日に新たに入院した患者数(速報値)は38人で、2月17-23日の速報値73人より少ない。

 一方、休校などの措置を取った学校は、2月21-27日の週は280校で、前週より20%減り、5週連続の減少となった。


【関連記事】
インフル流行、警報地域無くなる―患者数4週連続減
インフル対策、当面は実施継続―厚労省
入院が5週、休校が4週連続で減少―インフルエンザ
依然ほとんどが新型も、B型が微増―インフルエンザで感染研
「厚労省は新型インフルへの対応の総括を」―黒岩氏

食事与えず5歳児死なす=容疑で両親逮捕−奈良県警(時事通信)
新幹線つばめ 新800系を陸送 鹿児島(毎日新聞)
「大型連休分散」11年にスタート? 渋滞緩和で「もっと旅行して!」(J-CASTニュース)
「皆さんが合意できれば…」輿石氏が公立校教職員への罰則導入を容認(産経新聞)
与謝野氏の辞任要求、「谷垣降ろし」誘発も(読売新聞)
posted by オオミ トクオ at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。